2015c88aidv500hyoC88新刊「あいすのデビル・フルカラー絵本」ですが、
サークル検品時に、主に表紙に難ありの不良品本が多数出てきてしまい、
印刷所さまと相談しました結果、不良品分を良品と交換(再生産)という運びとなりました。

イベントにて頒布いたしました本はサークル検品後の冊子です。

今回、どのような不良品か申しますと…
「角折れ・PP角はがれ・角つぶれ」「定着不足のためPPはがれ」
「背表紙上下に大きく破れ」という状態の冊子です。
※「背表紙上下の破れ」について多少の程度は一部の本に生じ、断裁時のやむを得ない仕様となります。こちらは程度の大きいものについて今回は不良品と判断しました。

通常、注文分とは別に予備がついてくるわけですが、
予備以上に不良品が多かったため、印刷所さまへ相談いたしました。

今回の本は印刷や製本がとてもきれいな仕上がりになりましたので、
本の顔となる表紙に不良品が多く出てしまったことが残念でした。
印刷所さまへ相談の結果、
断裁時の刃の状態、ホログラムPPが厚めで定着しづらい事、輸送時の梱包状態によるダメージなど
この度不良品が多く出てしまった原因を特定することができました。
梱包状態は有料オプションなど選べるとのことで、
同人誌専門の印刷所さまとの違いは大変勉強になりました。
次回からの参考にしようと思います(笑)

普段は、頒布用としては基準以下となります「表紙傷がひどいもの」など
どの印刷所を利用しても少数混入はありますが、
現在までは、事前にチェックして売ってしまわないように気を付けております。
そんな不良品は見本誌に回すなどして活用しております(笑)

二次生産分と申しましても、内容は全くおなじものであることと
どちらがいいなど選択はできませんのでご了承願います。
見た目ではどちらが再生産分とかわかりませんので(笑)

私が一方的なクレーマーだったらどうしようの説も考えつつ相談したんですが、
そんなことなかったのでちょっと安心しました。

出来る事なら手に取ってくださる方には良品をお渡ししたいなと思っておりますので、
イベント頒布用を一冊ずつクリアパックに詰めてるのはそれが理由です。
ちょっとでも在庫移動するだけで剥き出しだと表紙に傷がつく可能性があるからな!!!ということでー(笑)
※大手さんのように一回で売り切るなら剥き出しでも問題ないかと!

長々と神経質そうなこと書きましたが、私は基本的に無神経です。